安泰運転の見識~トラブルを起こさないためのおかしい運転の見識についての連絡~

不幸を起こすってどういうリスクがあるか?   事故は自分の想定に反した意外な真理から発生するものですね! 「まさかここでこんな風になるとは! とか そこには・・・がいないなどあり得ない状態が我がみにふり掛かるものなのです。その結果、自分の身に突き刺さる衝撃はその不幸における負債の補てんだけではなく不幸を起こした彼女に対しての精神的なプレスの衝撃にたいする詫びなど考えればきりがありません。「保険に入っていれば洗い浚い保険サロンが実行していただける」というリライアビリティはあるかもしれませんが、不幸の種類が下がれば掛け金は上がってしまうなど普通良いことはありません。 いずれにしても不幸は起こさないほうがもちろん良いと思います。そこで面白くセキュリティー運転するために次のことを列挙します。           ① 車間キロを取りましょう!(ペースの15引いた総計キロ  実態 40kmならば15引いて25m)      ? ハッと思ったときは余裕をもって2回に分けて障害を使う(最初は軽々しく障害ライトを活かし2回まぶたにジワーっと取り扱う。)    ? 無理な車線変更は諦める(ぜひ車線は守る意味)   ? 絶えず航行には余裕をもって   このように始終ゆとりを持って「~だろう航行」はしないで「~かもしれない航行」にきりかえる。   教習所で習ったフレーズですが、今一度思い出してセキュリティー航行にまい進してみてはいかがでしょうか?目のクマ取れない