それとなく徒歩を見て記憶にない痣ができているけど、どこでぶったのか思い付かので怖い。

人肌の彩りが白いと言うわけではないのにアクセスに青痣ができています。きびしくぶつけたのなら憶えていると想うのにその記憶はなくて気が付いたらできている、という感じです。それでも何でもない時に見付けてしまうと賞賛行う。驚嘆後にその青痣を指で押して仕舞う事項は一体何なのだろうと思います。辛いのは分かっているのにぎゅうと押して確認してしまう。これは別途急にできていた青痣とか青痣ができたらやってしまうのですが、こういう事項の意味がいまだに分かりません。なんだかやってしまいます。今や中毒なのかもしれませんがめったに嬉しい中毒ではないって分かっていますがふと、ですね。青痣ができているはそれなりに悪くぶつけたのだとおもうのにどう気付かないのかなと思います。ないしはぶつけていても気付いていないのか、そこまでつまらないかなとは思いますがおドクターちゃんに痛覚が鈍いと言われているのでそこはきちんと強く考えていません。昔はどこでぶったっけ、という深刻に考えていましたがそこは慣れだ。青痣では大事になる事はないですし、暫く過ぎ青痣は自然回復しますから。青痣に付ける薬とか知らないのですこぶる苦痛が小気味よい以上は放置しています。そんなのばっかりなので拳固とかに大きな青痣の影が残っているのですが、はたらくのに障害がなければ気にしないようにしています。痣は衣料で包み隠す事ができますから。朝と夜付けるだけできれいな肌の色になります