安泰運転の見識~トラブルを起こさないためのおかしい運転の見識についての連絡~

不幸を起こすってどういうリスクがあるか?   事故は自分の想定に反した意外な真理から発生するものですね! 「まさかここでこんな風になるとは! とか そこには・・・がいないなどあり得ない状態が我がみにふり掛かるものなのです。その結果、自分の身に突き刺さる衝撃はその不幸における負債の補てんだけではなく不幸を起こした彼女に対しての精神的なプレスの衝撃にたいする詫びなど考えればきりがありません。「保険に入っていれば洗い浚い保険サロンが実行していただける」というリライアビリティはあるかもしれませんが、不幸の種類が下がれば掛け金は上がってしまうなど普通良いことはありません。 いずれにしても不幸は起こさないほうがもちろん良いと思います。そこで面白くセキュリティー運転するために次のことを列挙します。           ① 車間キロを取りましょう!(ペースの15引いた総計キロ  実態 40kmならば15引いて25m)      ? ハッと思ったときは余裕をもって2回に分けて障害を使う(最初は軽々しく障害ライトを活かし2回まぶたにジワーっと取り扱う。)    ? 無理な車線変更は諦める(ぜひ車線は守る意味)   ? 絶えず航行には余裕をもって   このように始終ゆとりを持って「~だろう航行」はしないで「~かもしれない航行」にきりかえる。   教習所で習ったフレーズですが、今一度思い出してセキュリティー航行にまい進してみてはいかがでしょうか?目のクマ取れない

やっていうちに夢中になって仕舞うコロリアージュ「大人の塗り絵」のナショナリズムにはまっている

俺はライターとして働いていますが、息抜きに「大人の塗り絵」を始めました。コロリアージュといってフランスで売れ筋になり、国に広まったそうです。俺は書店でいくつか塗り絵本を見て、自分が最後までやれそうですなと思ったテキストを買いました。「ねむれる森」というジョハンナ・バスフォード様の描いた塗り絵本だ。妻は他にも「ひみつの花園」など各種種類を出してある。俺は本格的な色鉛筆ではなく、百均で買ったり海外の文房具店で買った安物の色鉛筆を使っていますが、満足できます。特に紫色をよく使うので、紫の色鉛筆は短くなってしまいました。塗り絵をしている道中は、それだけに集中しているので全然よろしい気晴らしになりますし、集中力がアップした気がします。海のトーンを水色といった紺色、紫色、桃色でグラデーションをつけていくと、大いに綺麗に出来上がりました。イマジネーションどうりに美しい配色で塗れるって感動しますし、また違うホームページをやりたくなります。一年中に1回から2回は塗り絵を通して、心得を落ち着かせたりしています。気軽に始められて金銭も決してかからないのがいいところです。こういうテキストを塗り終わったら何を次に決めるが考えるのも楽しみです。爪水虫は自分でも直す事ができます

井上涼ちゃんの作品にものすごくはまってしまい、今日色んな作品を探して見ていらっしゃる

足掛かりは『赤ずきんといった健全』という力作でとっくにどっかの会話HPでふと見た製品だったのですが、それが果てしなく個性的で感覚に残っていました。図説も音響も歌も洗い浚いみずからやる井上涼ちゃんという方をその映像力作ではじめてわかり、アッという間にマニアになってしまいました。そうしたらいくつかの力作を探したのですがその時はあまり考えることができずにちょっと瞬間が経ち、最近になってビジュチューンというNHKプログラムで山盛り井上涼ちゃんの力作が見れるようになりました。ビジュチューンでは色んなアート製品を題材に短編の映像力作を作っているのですがどれもキャッチーな音響がついていて何となく口ずさんでしまう。単に風神雷神イラストレーション屏風デートという曲や、タージマハルベテランという曲は宝物でぐっすり歌っていますが、何となく他の人にわかってもらえないのが残念で仕方ありません。それでもいまグループ有難い報せがありました。それは井上涼ちゃんのビジュチューンガチャが現れるということです。ひとまず5つの品格がガチャのグッズになるそうなのでこれは既済しないといけません。ようやく井上涼ちゃん関連の品が出るので楽しみです。写真で装いは凄くかわいかったので少ない井上涼組って今から盛り上がってある。今も少し新作の映像力作が出ているのでこれからもこまめにチェックしていきたいと思います。くまを治す方法や原因について解説

それとなく徒歩を見て記憶にない痣ができているけど、どこでぶったのか思い付かので怖い。

人肌の彩りが白いと言うわけではないのにアクセスに青痣ができています。きびしくぶつけたのなら憶えていると想うのにその記憶はなくて気が付いたらできている、という感じです。それでも何でもない時に見付けてしまうと賞賛行う。驚嘆後にその青痣を指で押して仕舞う事項は一体何なのだろうと思います。辛いのは分かっているのにぎゅうと押して確認してしまう。これは別途急にできていた青痣とか青痣ができたらやってしまうのですが、こういう事項の意味がいまだに分かりません。なんだかやってしまいます。今や中毒なのかもしれませんがめったに嬉しい中毒ではないって分かっていますがふと、ですね。青痣ができているはそれなりに悪くぶつけたのだとおもうのにどう気付かないのかなと思います。ないしはぶつけていても気付いていないのか、そこまでつまらないかなとは思いますがおドクターちゃんに痛覚が鈍いと言われているのでそこはきちんと強く考えていません。昔はどこでぶったっけ、という深刻に考えていましたがそこは慣れだ。青痣では大事になる事はないですし、暫く過ぎ青痣は自然回復しますから。青痣に付ける薬とか知らないのですこぶる苦痛が小気味よい以上は放置しています。そんなのばっかりなので拳固とかに大きな青痣の影が残っているのですが、はたらくのに障害がなければ気にしないようにしています。痣は衣料で包み隠す事ができますから。